不要になったお酒の買取りサービスについて

自宅や倉庫、店舗、事務所などに飲まないまま保管しているお酒。
棚に飾ってインテリアの一種として楽しんでいる方がいるかもしれませんが、誰も飲まないまま放置していても邪魔になるだけですよね。

もし飲まないお酒が眠っているのなら、酒買取りサービスで買い取ってもらう方法があります。

  酒買取りサービスの内容

お酒は自宅に長く保管すればする程、価値が上がる商品ではありません。
ビールは10年も20年も保管したとして、当たり前ですが価値が上がるどころか賞味期限が切れてしまえば飲めません。

日本酒は賞味期限がないとは言え、美味しく飲めるのは約1年です。
お酒の長期保存は湿度や温度など難しい面があり、自宅に長期保管していても必ずしも価値が上がるものではないのです。

もし自宅や倉庫に飲まないままのお酒が保管されているなら、思い切って買い取ってもらう方法があります。
買い取ってもラえばお小遣いになりますし、部屋や倉庫も保管スペースが空いてスッキリしますよ。

お酒の買取りサービスは文字通り、不要になったお酒を1本だけ、または複数まとめて買い取ってくれるサービスです。
そも買取り方法には主に3種類あります。

  買取り方法

 

不要になったお酒を業者に買い取ってもらうには下記の3種類あります。

  • 「店舗買取り」
  • 「出張買取り」
  • 「宅配買取り」
店舗買取りとは…

自宅の近くに酒買取り店があるなら、直接お酒を持ち込んでその場で査定、買取してもらう方法が一番時間も掛からず分かりやすいです。

店員と「テキーラはあまり人気がないんですよね」「獺祭なら高値で買い取ります」など、どのお酒に人気があるのか、またお店が買取り強化している種類もだいたい分かってきます。

出張買取りとは…

出張買取りは一度に買い取ってもらうお酒が数十本とまとまっており、宅配便や持ち込みが困難なケースでお願いできます。
出張買取は専用の車や運転手が必要なので、どの業者でも対応できるものではありません。

宅配買取りとは…

宅配買取りはどこの業者でもほぼ100%対応している便利な買取り方法で、手元にあるお酒を段ボールに詰めて宅配便で買取り業者に送るだけです。
業者にお酒が届くと本査定をなり、買取金額に納得できたら返事をするだけで指定の銀行口座に代金が振り込まれます。

  複数のサービスに査定してもらう

 

業者にお酒を持っていく(宅配便で送る)前に、複数の業者でお酒の買取り査定をしてもらうのがお勧め。
店舗によって買取り強化の商品が違うため、業者によって査定額に差が付くのが普通です。

多めにお酒を買い取ってもらいたい場合、本数によって査定額が加算される業者もあるためトータルの買取り額で比べる方が良さそうです。