買取り価格の基準について

酒買取り業者がお酒を買い取る価格の基準、一体どうやって決めているのでしょうか?
お店独自の基準で決めているのですが、やはり参考になる価格があるはずです。

  ネット上の取引相場を参考にする

買い取ったお酒をネット上のオークションで販売する買取り業者もいます。
この場合、オークションで販売されている価格を参考にして買取り価格を決めるケースもあるようですね。
例えば、獺祭の平均落札価格が1本当たり8,000円が相場であるとするなら、買取価格を6,000円にする業者もあれば4,000円にする業者もあり様々。

人気があり出品すれば必ず落札される商品であれば、買取価格が高くなる(競合性の高い商品)ケースもあります。
どの程度の金額で商品を買い取るかお店によって違いが出てくるのは、その商品をそれくらい必要としているか、どの程度欲しいかで決まるわけですね。

もし無名のお酒、あまりニーズのないお酒であれば、オークションに出品しても買い手がつくかどうかは分かりません。
そのような商品は競合性が低いため買取り額もかなり低くなります。
お店側としては「あまり必要としていない商品」なのです。

ネット上の取引価格や人気、希少性などを考慮して総合的にお酒の買い取り価格を各店舗や企業ごとに決めています。
これはお酒だけではなくブランドバッグや高級時計などの買取りでも同じ理屈です。

  販売実績から決める

酒買取り業者の中には、買い取った商品を直接個人や店舗に販売しているケースもあります。
オークションやネットだけが販売ルートではないのです。
もし店舗などで直接顧客に販売している場合、ネットでの販売価格も参考にしますが、下記のようにお店独自の買取り価格を決めているケースもあります。

「獺祭のオークション上での落札価格は1本約8,000円だが、うちの店では1万円で売れる。もし獺祭を買い取って欲しいと商品を持ち込まれたら、うちでは6,000円で買い取りたい。人気商品は少しでも高い価格で買い取る」

販売実績から買取り価格を決めているわけですね。
お酒買取業者の中には古物商許可証だけではなく酒類販売業免許を持っている業者もいますので、お店が直接顧客や店舗(スナックや酒屋など)に卸すケースもあります。
この場合、中間マージンを搾取される事がないので、買取価格を高めに設定出来るメリットがあるんですね。

もしお酒を買い取ってもらいたいのなら、業者が酒類販売業免許を持っているかどうかもチェックすると良いです。
他のお店よりも高く買い取ってもらえる可能性があります。