業者に売る?個人で売る?

自宅や倉庫に保管しているお酒を個人売買で売却する方法もありますが、業者に販売するよりもトラブルが起きる可能性が高くなります。
個人売買が良いのかそれとも酒買取り業者に買い取ってもらう方が良いのか、少し考えてみましょう。

  個人売買だとクレームが入る可能性あり

お酒を個人売買する方法にネットを使ったオークションや、メルカリなどフリマアプリを利用するものがあります。
オークションの場合「ノークレーム、ノーリターンでお願いします」と言う文言を入れておかないと「お酒の品質が劣化していた」「瓶にへこみがあった」などの理由でクレームが入る事も考えられます。

お酒に特に興味のない個人はお酒の保存方法などにほぼ頓着がないため、販売したいお酒の状況などは良く分かりません。
買い手に画像を公開し、画像から状況をチェックしてもらわなければならずトラブルの元になる可能性も。

また値下げを要求されるのは多くの出品者が経験しており対処に困りますし、折角出品したお酒が同じメルカリで転売されているなどのトラブルも起きています。
個人売買の場合は問題が発生する事も頭に入れておき、トラブル回避対策を考えた上で出品する必要がありそうですね。

  お酒に関する正しい知識がある

酒買取り業者では、お酒の買取りに対する知識のある専門担当者が必ずいます。
実際に買取り担当者と電話で話をした事がありますが、マイナーなお酒の知識もしっかり持っており、特定のメーカーの買取り金額の目安がすぐに出てきました。

個人売買だとお酒の正しい価値や買取価格の知識がないと、必要以上に安い価格で買い取られてしまう可能性もあります。
事前にお酒に関する勉強をしておかなければ、個人売買で適正価格で売る事は出来ません。

お酒の買取り専門業者は適正な買取り価格をチェックしているので、安心して買取りをお願い出来るのが安心ポイント。
ただ少しでも高い値段で買取りして欲しいなら、複数業者に査定してもらう事です。

  忙しい方もゆとりをもって売却できる

お酒の買取り業者は『店頭買取り』『宅配便買取り』『出張買取り』など、売り手の都合の良い方法で買取りしてくれます。
出張買取りの場合は買取り専用の車両や専任の担当者が必要なので問い合わせが必要ですが、宅配買取りはどこの業者でも対応しています。
段ボールにお酒を詰めて発送するだけで作業は完了。

この方法なら昼間仕事が忙しい方でも、夜間に梱包作業をして翌日発送すればいいので楽。
着払いなら宅配業者に連絡すれば、自宅まで無償で引き取りに来てくれるケースもあるので忙しい方でも楽々お酒の買取りをお願い出来ますね。

本査定額に納得出来れば電話やメール、ラインで業者に連絡。
すぐに買い取り代金が銀行口座に振り込まれるので即現金化出来るのも嬉しい点ですね。